パンフレットが必要になる時ってお決まりのパターンがあるんだけど汗

おはようございます。

39歳と書いた名刺300枚が

今は使えなくてなって困っている

新潟の魔法の名刺屋43歳です。

人は年を取るのを忘れてた。笑

2017年8月4日金晴れ

さてさて、今日は販促の話。

先日の記事で

パンフレットあると何かと便利、

だからなるべく作っておこうね。

みたいな事を書かせて頂きましたが

本日はその番外編。

ご商売されてる方が

パンフレット作ろうと思う動機として

割と多いのが

パンフレットみたいなの無いの?

ってお客様に言われたから。

これですね。とても多い。

ネットがあるからそっちを見て下さい

というワケにはいきません。

お客様は端的にまとまった紙を

欲してるんですよね。

上司に説明する為に必要なのか、

家族に説明するために必要なのか、

他所と比較するために必要なのか、

使い道は定かでないけど、

紙にまとまったモノが欲しいという

欲求は確実にあります。

パンフが無いばっかりに機会損失、

これじゃ勿体ない。

こういう観点からも

パンフレットってあるといいのよね。

他にもパンフ作成動機で多いのが

イベントする事になった。

来てくれたお客さんに

ウチの情報を持ち帰って欲しい。

これですね。これもとても多い。

ホームページを持ち帰ってもらうワケ

にいかないですからね。

やはり紙にまとまった

パンフレットが必要になると。

いずれにせよ、

急に必要になって慌てて作る。

そういうケースが多いかなと。

なので後で慌てない為にも

ゆとりのある今のうちから

作っておく方がいいですよと。

そんなワケでございまして本日は

なんだかんだ言って

パンフレットはあると便利。

いつでも使えるように

今のうちから作っておきましょ。

というお話でした。

そうは言ってもパンフレットって

業務内容に追加や変更が出ると

やっかいな事になるのが難点よね。笑

今日はここまで

最後に1つコマーシャル

魔法の名刺屋のはコチラです

ついでにもう1つコマーシャル

いよいよ1週間後の開催です

詳細お申込みは専用ページから

バカ売れ販促戦略の立案セミナー

ご参加お待ちしてます