小説に

礼拝堂で俺は膝を抱えて震えて怯えていた。

元の世界と変わらず俺には勇気がない事を痛感し、涙すら流していた。

「けっ役立たずが」この間に中傷の声が聞こえていたが、今の俺にはどうでもいいことだった。

リンス無事で居てくれ。何度も何度も心のそこで呟いた。

「ギャー」礼拝堂に悲鳴が上がる。

入り口にゴブリンの姿が見えな。入り口付近の村人が一斉に奥へと移動するが、ひとりまたひとりと倒れていく。「ファイーラ」誰かが魔法を唱えて1匹倒した。

だが更に奥から3匹のゴブリンが

広告を非表示にする