住吉神社長門&備前編

さぁ続いて次の目的地は。。

やはりここには行っておきたい

長門一宮

住吉神社

住吉。。

住吉神社

(すみよしじんじゃ)

山口県下関市一の宮住吉1111

神紋

水巴

式内社長門豊浦郡

住吉坐荒御魂神社三座並名神大

長門國一宮

官幣中社

御祭神

第一殿住吉大神荒魂

第二殿応神天皇

第三殿武内宿祢命

第四殿神功皇后

第五殿建御名方命

住吉神社

本殿は九間社で、五つの千鳥破風附社殿

を相の間で繋いだ形式。

拝殿は中央にあり、

上から見ると字型になる。

一見、中央の第三殿をメインに祀っているようにも見える。

現在の南面している社殿は

1370年の建立、それ以前は西を向いており、西が正面参道だったらしい。

日本書紀によれば、

神功皇后三韓外征の際、

吾和魂は玉身に服いて寿命を守り、

荒魂は先鋒となりて師船を導かん

と神託。

凱旋の折には、

吾荒魂は穴門の山田邑に祀れ

と神託があり、当社に祀られた。

住吉開基造営等之覚書によると、

応神天皇武内宿祢神功皇后は、

聖務天皇神亀年中、筑紫の宇美からの勧請。

建御名方命は後世に奉祭。

長門国一宮略記には、

応神天皇神功皇后は、

聖務天皇神亀年中、

武内宿祢建御名方命は、

朱雀天皇の承平年中の奉祭。

長門国志では、

応神天皇神功皇后は、

聖務天皇神亀年中、筑前より勧請。

武内宿祢建御名方命は、

勧請年不詳。

五殿ならんだ本殿は国宝。

応安三年1370大内弘世寄進による。

九間社流れ造正面五所

千鳥破風附檜皮葺。

拝殿の額には、住吉荒魂本宮とある。

境内西側の検非違使社の前に神籠石。

長門一宮住吉神社

御祭神本殿向って左から拝しまつる

第一殿住吉大神荒魂

第二殿応神天皇

第三殿武内宿祢命

第四殿神功皇后

第五殿建御名方命

御由緒

今から一七八四年前、

住吉大神の御荒魂を鎮祭され、

爾来、延喜式名神大社長門国一宮、

国幣中社明治四年、

官幣中社同四十四年、

神社本庁別表神社昭和二十二年

として現在にいたる。

拝殿には住吉荒魂本宮の懸額がある。

御神徳

荒魂とは、

積極果敢に物事を成就させ給う

御神威の顕現であり、

古来特に勝神としての信仰が強く、

交通安全、新車祓海上安全、

厄祓、清祓等の祈願が多く、

特有性家内安全、商売繁昌、

五穀豊穣、学力向上、

当病平癒等はもとより通有性

こうした進路守護の御神徳は、

何時の世も高く仰がれるところである。

祭典主なるもの

和布刈祭旧元旦

御田植祭五月第三日曜日

神幸式九月秋分の日

河渡祭十二月十五日

御齋祭十二月八日〜十四日

例祭十二月十五日

御社殿本殿国宝

拝殿重文外別掲

宝物銅鐘重文

唐鞍重文外別掲

社叢八余種の樹林県指定別掲

参道案内

長門國一宮

神橋。。

橋。。

厳島社へ。。

ん案内してくれるのかぃ?。。

鴨の案内

橋の。。一本道だけどねぇ〜。。

厳島

ここの狛犬

青銅製狛犬

表情が面白い。。

青銅。。こういう狛犬もいいねぇ

住吉神社すみよしじんじゃは、

山口県下関市にある神社。

延喜式神名帳にある

住吉坐荒御魂神社長門国豊浦郡

に比定される式内社名神大社

歴史的な一宮としての長門国一宮で、

近代社格では官幣中社

現在は神社本庁別表神社

全国一の宮会に加盟している。

参拝すれば、御朱印を頂ける。

日本書紀において、三韓征伐の際、

新羅に向う神功皇后住吉三神が神託し、

その渡海を守護、帰途、

大神が我が荒魂を

穴門長門の山田邑に祀れ

と再び神託があり、

穴門直践立あなとのあたえほんだち

を神主の長とし、

その場所に祠を建てたのを起源とする。

大阪の住吉大社、博多の住吉神社

とともに日本三大住吉の一社。

本殿が国宝に指定されていることでも知られる。

その本殿は第一から第五の五殿が連なり、

それぞれ以下の神が祀られている。

第一殿

住吉三神

表筒男命中筒男命底筒男命

第二殿

応神天皇第15代天皇

第三殿

武内宿禰命

第8代孝元天皇の皇孫で、

応神朝などの重臣

第四殿

神功皇后

第14代仲哀天皇の皇后で、応神天皇の母

第五殿

建御名方命

諏訪大社の御祭神

住吉三神について、

大阪の住吉大社がその和魂を祀る

のに対し、当社は荒魂を祀る。

応安3年1370年に大内弘世により

造営された本殿が国宝に指定されている。

日本海軍の戦艦長門の艦内神社に分祀

例祭は12月15日。

その前の12月8日夕刻から15日の朝までは

御斎祭おいみさいとして、

境内に注連縄を張り巡らし、一般の人の

参拝をできないようにし、神職も境内の

外へ出ないという厳重な物忌みが行われる。

特殊神事の

和布刈神事めかりしんじは

神功皇后の事跡にちなむもので、

旧正月の未明、壇の浦の海中からワカメを刈って神前に供える非公開の祭典である。

揺曲和布刈

5月第3日曜日の御田植祭も有名。

ご利益

交通安全、海上安全、厄祓、清祓、

家内安全、商売繁昌、五穀豊穣、

学力向上、病気平癒など

住吉神社下関-

本殿が国宝の三大住吉の一社、

住吉三神の荒魂を祀る長門国一宮

住吉三神

火之迦具土神を生んだときに大火傷を負い、

黄泉国死の世界に旅立った伊邪那美命

伊邪那岐尊は、黄泉国から伊邪那美命

引き戻そうとするのですがついに果たすことが出来ず、黄泉国の穢れを清めるために、

筑紫の日向の橘の小戸の阿波岐原

で禊を行いました。

このとき、瀬の深いところで底筒男命が、

瀬の流れの中間で中筒男命が、

水表で表筒男命が、

それぞれ生まれ出たとされます。

住吉大神住吉明神

一般的に住吉大神明神という呼称の場合、

前述の住吉三神に、

息長帯姫命神功皇后を加えた四神を指します。

住吉大神の別名

三筒男神さんつつおのかみ

墨江三神墨江三前大神

すみのえさんじんすみのまえのおおかみ

住吉三神住吉明神

すみよしさんじんすみよしみょうじん

筒之男三神つつのおさんじん