7/13ナガスタはTOKIO新曲解禁日

改めまして長瀬智也です出すことに

なりました。

8月30日にオンセール

まぁこれはですね

てっぺん水ドラわにとかげぎす

主題歌となっておりますね

曲のタイトルクモって

タイトルなんですけど

なんかいろいろお話頂いて

オファーを受けたときに

リスエストとかいろいろ

あったんですよね

まっ結構その

主人公の富岡じたいが

原作の中ではバンドTなんか

着ててカジュアルな土臭い男だったんで

僕ともかぶったとこがあったんですよね

やっぱそうゆう

ほんの少し変わろうとしてる

僕すごく好き、ねー

なんか漠然とやっぱ

わにとかげぎす見終わったあとに

この曲が流れたら富岡がかっこよく

見えたらいいなぁって漠然に

そう言う風に考えて作った

思いもあるんですね

やっぱり孤独という部分

すごく音で表現したつもりだったんで

すけどね

クモって、いつも暗闇の中で

いつも巣を張り巡らせて

巣でいつも孤独でいるわけじゃ

ないですか

そうゆうクモと

人間ってやっぱ黙っててもどんどん

時間が過ぎて成長して

変わっていくっていうのを

なんとなく空に浮かぶ雲みたいな

ずっと同じとこに止まってる雲なんて

いないじゃないですか

どっからか生まれて

いつか、消えるんだろうね

ねっ!

なんかそうゆうなんか儚さみたいな

ものとか

自分が止まっていると思ってても

きっと風が背中を押してくれる

何処かに連れて行ってくれるよ

っていう、なんか

応援歌の要素もあるんです

もちろん音楽単体で聞いてもね

僕自身はカッコイイと思っているし

ただね

Jポップ聞いてる人からしたら

ちょっと地味かもしれないな

凄いストレートなバンドサウンドだから

ただ逆に

逃げも隠れもしないバンドサウンド

音楽ってやっぱり

飯と一緒で、素材がいいと

調理なんていらないんすよ

やっぱシンプルな音

シンプルなアレンジ

シンプルな言葉で

伝わるのが1番いいと思ってるわけ

ですよ

まっそういった要素携えながら

TOKIOの世界観も描けたんじゃないかと

思います

では早速聞いてもらいましょうかね

TOKIOの53枚目のSINGLEとなります

TOKIOでクモ

明日も誰かに会いたいな

どこに行こうかな

TOKIOでクモでした。

というわけでTOKIOのNEWSINGLE

クモ聞いてもらいましたけど

いかがでしたでしょうか?

特典ももろもろ今回はありますよ

カップリングも太一君がStoryとゆう

素晴らしい曲を書いてくれてね

それから

嶋茂子

ソイラテーズ

なんとことだかさっぱりわかりませんが

ちょっとね

うちのリーダーにムード歌謡歌わせてみました。

プロモーションビデオまで

お楽しみなNEWSINGLEってことです。

ここでラジオの録音データー不足で

録音なしですが

智也の新曲の想いしっかり

聞かせてもらいました。

みなさん

予約忘れないでね(

TOKIONEWSINGLE

クモ

8/30発売です。

わにとかげぎすの主題歌ですよ